忍者ブログ
世界で一番馬鹿な生き物中2やってます。詩とか絵とかもちょくちょく書いてちょくちょく更新中。このごろヘタリアが熱いです。
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕は知っていた。僕はいつだって見ていた。だけどいつだって逃げていた。怖かった怖かった怖かった。だけど誤解だった。僕は間違えていた。恐怖心の発信源はいつだって僕自身だったことに気づかなかった。本当の恐怖をわかっていなかった。だからいつだって僕は蟻を指の腹で潰して蜂を見たら逃げ出していた。幽霊も怖かった。だけど違った。それは怖いという印象であって本当に怖いものではなかった。僕はいつだって逃げ出して本性を暴くという事をしなかったから。でも逃げている途中で心臓が痛くなった。その場で倒れてしまいそうだった。座りこんでしまいたかった。それでも逃げた痛いのに逃げたすごく痛かった。でも蜂がいなくなって初めて気づいた。逃げていた時の心臓の痛みのほうが蜂にさされた時の痛みよりも痛いということに。気づかなかった。仮の恐怖に支配されていた。そういえばあんな事もあった。僕が初めて自分の目を潰したくなった日だった。話はかわるが、僕は正義の味方ではない。当然の事だ。僕は無敵ではないし凄い力をもって敵を星の彼方へ飛ばすことだってできない。だけど僕は無力ではない。僕は勝手に自分を無力だと思って自虐してきた。もしかしたらマゾヒズムの気があるのかもしれない。今まで僕は数え切れないほど自虐してきた。無意味に無意味に無意味に。ここで少し自己紹介をしよう。僕の小さい頃の夢は過去から並べていくと、戦隊物のヒーロー,消防士,某人気アニメの主人公,警察官,マンガ家,ゲームクリエイターだった。僕は正義の味方に憧れていた。正義の味方について少し捻くれた意見を言ってみよう。僕の少し前にしていたゲームでは主人公が民家に勝手に入って道具をもらって、ただたまたまそこに出くわしただけのモンスターを斬って倒して、気分と強さによって逃がしたりしていた。大分前に見ていた特撮物では、1体しかいない敵(しかも変身している間待ってくれる優しい奴)を5人でいろんな武器をつかって、挙句の果てにはロボットまでだして倒している。まぁそれは言い過ぎとして。僕は昔から痛々しいぐらい視点を間違えていた。そう、そうそうそうだ。僕は昔から見る目が無かった。何も見えてなかった。そして手放して。そして終わった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
吉良まぶか
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2006/07/01
自己紹介:
sex:腐女子
rank:中学生
club:吹奏楽部とピアノ

foods:団子とケーキと激辛とピザ。
books:SHI-NO
comics:ひぐらしのなく頃に,D.Gray-man
music:ALI PROJECT,久石譲,奥華子
color:黒,白,赤,ピンク
fashion:ゴスロリ,メルヘンチック,グロロリ
最新コメント
[04/01 クラタ]
[10/08 まぶか]
[09/29 まぶか]
[09/14 まぶか]
[09/07 夏海]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん